YouTubeチャンネル、伸びる人の特徴って何? YouTuber講師あざっす先生にコツを聞いてみました

連載コラム

 総合芸能学院テアトルアカデミーに入学したら、どんな講義が受けられるの?

 ……読者の皆様には、そんな疑問をお持ちの方々も多いのではないでしょうか。

 この「テアトルロード」では、テアトルアカデミー(以下、テアトル)が擁する第一線で活躍する講師陣の方々に、「ダンス」「演技」「歌」など、「表現力」にまつわるノウハウをお話しいただく連載をやってみています。

 そして先日、ついに「YouTube」に関する連載が始まりました。講師は、テアトルでYouTuber講座の講師を担当している「あざっすロナウド先生」です。初回は「好きなことで生きていく、その前にやるべきことがある」というお話でした。

【新連載】「YouTube、楽しそうだから始めてみたい!でも何からやればいいの!?」テアトルでYouTuber講座を担当する「あざっす先生」に、基礎の基礎を聞いてみた【動画あり】 | テアトルロード

 いまだになかなか体系化されて語られていないYouTubeの伸ばし方ですが、数々のチャンネルを伸ばしてきた黒幕(?)のあざっす先生に、今回は「企画のコツ」を聞いてきました!

あざっす ロナウドイメージ写真

あざっす ロナウド

YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザー

チャンネル登録者8000人のチャンネルを、僅か1年で10万人に成長させた独自のYouTubeノウハウを展開。動画編集、企画分析、演者など多彩な才能を発揮する。 2019年よりテアトルアカデミーにてYouTuberコースの講師を担当。

YouTubeの企画、やっちゃダメなことって何かある?

今回は、企画についてお伺いしたいと思います。あざっす先生の考える、いい企画とダメな企画ってありますか?

何でもバズる可能性はあるので、生徒さんが持ってきてくださる企画に対して、僕自身がNGを出すことはないです。企画を面白くさせるか、それを潰しちゃうかは、その人自身にかかってるんで。企画の段階で僕がガッツリ監修することはあまりないですね。基本的には、法や道徳に触れなければOKです。

何でもバズる可能性があるというあざっす先生。とはいえ、初心者はどうしたら……?

最近はHIKAKINさんのような何でもやるチャンネルではなく、勉強チャンネルや釣りのチャンネル、特定のアニメ作品を考察する、といった「専門チャンネル」のほうが伸びる傾向にあるように思います。やはり何かのジャンルに特化したほうがよいのでしょうか?

そうですね。ウケるチャンネルには「専門性がある」ということが共通しています。

YouTuberになりたい人には、各々好きなことがあると思うんです。例えばもし『HUNTER×HUNTER(※1)』が好きなら、それを基礎にチャンネルを立ち上げてみよう、というふうに考えるのもアリですね。専門性からのポジショニングって大事なので。でもニッチ過ぎてもダメなんですよね。

(※1)『HUNTER×HUNTER』:「週刊少年ジャンプ」で1998年より連載中の冨樫義博による漫画作品。稀少な事物を探し求める「ハンター」となった主人公の少年ゴンが、仲間たちと冒険活劇を繰り広げる姿を描く。幾度もアニメ化されている「ジャンプ」の看板作品だが、休載と連載再開を繰り返していることもたびたび話題になる。

アップする動画は、何かのジャンルに特化していたほうがいいの?

専門性があったほうがいいけれど、ニッチすぎてはダメ……たしかに、濃くて熱いものって、逆に間口が狭くなってしまう危険性がありますね。「専門性」はどんな風に広げたらいいのでしょうか?

YouTubeのアナリティクス(※2)を分析して、数字がとれない企画はやめて、良い企画だけを残す、ということをやるのが王道ですね。

たとえば『ONE PIECE』のフィギュアが大好きで、その魅力を広めたいというチャンネルをやっている人がいました。チャンネル登録者数は、1年間投稿を続けて8000人くらいですね。

(※2)アナリティクス:YouTubeに動画アップロードをするためのツール「YouTube Studio」にログインすると、自分がアップロードした各動画の平均再生時間や流入経路などを見ることができる。

一般の方としては多い数字ですが、YouTube全体でみると「大人気!」という感じではない……というぐらいの数字なのでしょうか。

そうですね。そこで僕のもとに相談に来て、僕が提案したのが「フィギュアを広めるなら、『ONE PIECE』ファン全体に見てもらおう」ということでした。

アナリティクスのデータを分析した結果、フィギュアだけだと『ONE PIECE』ファン全体には刺さりづらいということがわかったからです。なのでそれ以降は、作品の考察や都市伝説ネタを取り入れたんです。

テーマを『ONE PIECE』という作品全体に網を広げて、そこに注目してくれた視聴者をフィギュアの魅力へと引き込んでいくイメージでしょうか。「フィギュアが好き」という芯の部分がしっかりしていたら、視聴者も興味を持ってくれるんですね。

その結果、現在の登録者数は20万人以上になりました。

すごい、20倍以上じゃないですか! 

専門性がありつつ、どういうふうにポジショニングをするか。これが本当に大事なんですよね。

ただ好きなものをニッチにやっていくだけではダメ。「ウケている企画」とそうでないものを見極めて、間口を広げていこう。

もうひとつ気になるのが、たとえば『HUNTER×HUNTER』が好きで、作品考察などのチャンネルをやってみたけれど、最近は『呪術廻戦(※3)』も面白いから、呪術廻戦の動画もやりたい!  と思ったら、両方を同じチャンネルに上げてもいいんですか?

(※3)『呪術廻戦』:「週刊少年ジャンプ」にて2018年より連載中の、芥見下々による漫画作品。現実世界に存在する化け物・呪霊を、呪術を使って祓う呪術師たちの戦いを描く。2020年10月からアニメも放映を開始し、人気を博している。

う〜ん、あまりオススメはできないかもしれませんね。なぜかというと、そうなると再生回数にバラつきが出てしまうんですよ。「もう1個チャンネル作って、『HUNTER×HUNTER』と『呪術廻戦』の2軸でやってウケがいい方に力を入れて」って伝えます。

同じチャンネルでアップする動画にバラつきが出るというのは、よくないんでしょうか?

はい、それでうまくいくことはあまり多くないと思います。今のYouTubeって、専門性がなきゃ見られないっていうのはあるんですよ。YouTubeのいいところって、テレビに出られないような僕みたいな一般人でも、「◯◯に詳しい人」という、肩書を名乗れるメリットがあるんですよね。

自分の看板が作れるということですね。

だから『HUNTER×HUNTER』が好きだから、「『HUNTER×HUNTER』好き」という肩書、看板を作れちゃう。そんなふうに誰でも参入できるっていうのがYouTubeのいいところではあるんで、専門性は作ったほうがいいのではないでしょうか。

企画が思いつかない? 大丈夫、まずは誰かの真似からやってみよう!

そして、これを聞いてしまっていいのか疑問なのですが(笑)、そもそもやりたい企画が浮かばない場合はどうしたらいいんですか?

「企画が思いつかないならなんでYouTubeやるの?」と言われそう、ってことですか? いやいや、そんなことはなくて、「やってみたい!」と思ったら、そんなに構えなくても、気軽に始めてみていいんですよ。

僕は、「YouTubeやりたいけど、企画が思いつかない」という人には、「他の誰かの真似をしてもいいんですよ」ということを伝えています。

えっ……?

もちろんオリジナリティは大事ですし、完全なパクリはよくないと思うかもしれません。しかし、現に人気YouTuberのチャンネルを見てください。誰かが企画をヒットさせたら、他の誰かがそれを真似している動画も出てきます。あなただけがそこに臆する必要もなく、伸び伸びやっていいんですよ

まずは真似からでもいい、と。

臆することなく誰かの真似をしてもいい。投稿頻度が下がってしまうほうが問題

もちろん、やりたい企画が思いつくのであれば、オリジナルから始めてもいいでしょう。でも、癖が強すぎると再生回数につながらないこともあります。きっと不発の企画のほうが多い。そこで心が折れるよりは、人気の企画を真似してみてもいいのでは。それに、模倣で気づくこともたくさんありますからね。

ウケるものには理由があるんですね。じゃあ、例えば昔流行ったメントスコーラを今更やってもいいんですか?

さすがにそれは古すぎるので止めるかもしれない(笑)

でも、モーニングルーティン(※4)とかASMR(※5)みたいな定番ジャンルは、今も人気動画が公開され続けているので、最初にチャレンジするお題としてはアリかと思います。諦めずにコンスタントに動画を出してくれるのが、僕も教えていく上で一番うれしいことなので。

(※4)モーニングルーティン:ある人がいつも朝行っている習慣を記録するタイプの動画のこと。著名人やインフルエンサーの、なかなか知る機会のない生活の一面を知ることができるため、YouTubeやSNSで人気がある。

(※5)ASMR:食べるときの咀嚼音、焚き火の音、パソコンのキーボードを打つタイピング音、雨音など、いわゆる「音楽」ではないけれども「耳に心地よい」と感じられる音をメインにした動画のジャンル。

粘り強く動画投稿を続けられる人の共通点とは?

やっぱり、ネタ切れさせずに投稿し続けることが大事なんですか?

大前提として、YouTubeは広告をたくさん流してくれるチャンネルを推してくれます。だから動画はコンスタントに出し続けないと、チャンネルの評価が上がりません。動画の更新は毎日続けたほうがいいとは思います。それが成功への一番の近道かな。

動画更新を続けられる人と、そうでない人がいると思うんですが、続けられる人の特徴は?

じっくり無言で考え込んでいるあざっす先生

(しばし無言で考え込む)……お金が大好き

!!

動画1本の1ヶ月後の収益って、10万再生くらいで2〜3万円なんですね。YouTubeで飯食っていこうと思った人は、その2、3万円も大事にして絶対に落とさない。だから「これ再生回数増やせそうだな」と思ったらすぐ動画を作ってアップするんです。彼ら彼女らはそれが収入源ですからね。だから、トンチのようですが「動画投稿を続ける人の特徴」は「お金が好き」であることだと思います。

なるほど(笑)。現実的な話ですね。お金が入らないと「好きなことで生きていく」のだって難しいですもんね。

ではでは、今回も動画であざっす先生に、YouTuber感を全開にして今日のお話をまとめていただければと思います! あざっす先生、よろしくお願いします!

了解です!

 というわけで今回も、YouTuber講師のあざっす先生に、専門性とポジショニング、企画が思いつかないときの対処法、コンスタントに投稿できるYouTuberの共通点……などなどのお話を伺ってきました。

 そして次回のテーマは「ブランディング」です。YouTubeを伸ばすには自分のブランディングが重要……というのは何となくわかるのですが、そもそも「ブランディング」って一体どういう意味? など、またも基礎の基礎から教えてもらいます! お楽しみに!

文・取材・編集=テアトルロード編集部/撮影=荒川潤