YouTubeの機材って何から揃えればいいの? 数々のチャンネルを伸ばしてきた黒幕(?)・あざっすロナウド先生がおすすめ機材を紹介します!【動画あり】

連載コラム

テアトルアカデミーのYouTuber講座講師、あざっすロナウド先生

 総合芸能学院テアトルアカデミーに入学したら、どんな講義が受けられるの?

 そんな疑問にお答えするべく、この「テアトルロード」では、テアトルアカデミー(以下、テアトル)が擁する一流講師陣の方々をお招きし、普段の講義の一端が垣間見えるような、講義連載をやっています。

 テアトルには「ダンス」「演技」「歌唱」など様々な表現にまつわる講座があるわけですが……なんと「YouTuber講座」もあるんです!

 担当しているのは、数々のチャンネルを伸ばしてきた黒幕(?)であり、YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザーのあざっすロナウド先生

 あざっす先生連載の初回では「YouTube、何から始めればいいの?」という素朴な疑問をぶつけ、第2回では「YouTubeで伸びる人の特徴」、第3回では「ブランディングとはなにか?」についてお話を伺ってきました。

【第1回】「YouTube、楽しそうだから始めてみたい!でも何からやればいいの!?」テアトルでYouTuber講座を担当する「あざっす先生」に、基礎の基礎を聞いてみた

【第2回】YouTubeチャンネル、伸びる人の特徴って何? YouTuber講師あざっす先生にコツを聞いてみました

【第3回】「かっこいい自分」のアピールよりも「素を出す」ことのほうが大事!? トップYouTuberたちの事例から学ぼう!

 そして第4回となる今回のテーマは、「YouTubeを始める人にオススメの機材とは?」です。……そうです、突然実用的になりました。オススメ機材について、さっそくあざっす先生に聞いていきたいと思います!

あざっす ロナウドイメージ写真

あざっす ロナウド

YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザー

チャンネル登録者8000人のチャンネルを、僅か1年で10万人に成長させた独自のYouTubeノウハウを展開。動画編集、企画分析、演者など多彩な才能を発揮する。 2019年よりテアトルアカデミーにてYouTuberコースの講師を担当。

撮影にはどんなカメラを使うのがいいの?

今回は、実際に撮影を始めるための機材について教えてください! トップYouTuberはどんな体制で機材を組んでいるのでしょうか?

カメラの数は少ないですね。3台も4台も使わないです。たいてい1台。

意外と1台なんですね。前にHIKAKINさんが、「まるお(※1)のように動く被写体を撮りたいからハンディタイプのビデオカメラを使うんだよね」と話していたのですが、ハンディカメラと一眼レフカメラ、どちらを使う人が多いんですか?

※1 まるお:2017年からHIKAKINが飼っている猫。品種はスコティッシュフォールド。姉のもふこと共にHIKAKINから溺愛されており、まるおともふこ動画は視聴者からも人気が高い。

全員が全員そうってわけじゃないけど、ハンディカメラのほうが手軽なので、ラフな画が欲しいときとかは、「このくらいならハンディカメラでいっか」といったノリで使うことが多いと思います。

「カメラについてはそんなに難しく考えなくていいですよ」とおっしゃるあざっす先生。

そうなんですね。ただ、なんとなくデジタル一眼レフカメラの方がキレイに映るイメージがあるのですが。

もちろん、デジタル一眼レフカメラの方が映りがいいんですけど、バッテリーの持ち時間を考えると、長時間のロケとかには向かないんです。野外撮影だとビデオカメラの方が使いやすい。室内ではデジタル、野外では一眼でやるのがベストではありますね。

ぶっちゃけ撮影はiPhoneで大丈夫だけど、その前に買うべきは◯◯!?

ただ、ぶっちゃけていうと、最初はカメラはiPhoneでいいんですよ。

えっ、そうなんですか?

カメラに関しては最初はそれで充分です。台数も基本的にひとつで大丈夫。

「最初はiPhoneのカメラで充分!」と言い切るあざっす先生。本当ですか?

じゃあ、YouTubeを始めるときには、機材を買うよりもとりあえずiPhoneで始めていいんですか?

はい、大丈夫です。ただ逆に、最初から用意しておいてほしいのは照明です。iPhoneのカメラだけだとどうしても暗くなってしまうし、野外だと天候の変化もありますから。スポーツのハイライト映像とかも画質が粗いと「もういいや」ってなっちゃうじゃないですか。それはすごくもったいない。照明が1個あるだけでもかなり違いますよ。

なるほど、そうなんですね! YouTuberの照明といえば、リング状のライトを使っている人が多いイメージがあります。メイク系YouTuberに多いですよね。

はい、リングライトがおすすめです。メイク系に限らずみんな使っていいと思いますよ。瞳に輪っかが入って可愛くなりますし、機能としては普通のライトと変わらないので、部屋を照らして明るくすることもできて、三脚としても使えますしね。

あ、そうか、真ん中にiPhoneやカメラを立てることができますもんね。

そうです。おすすめは「Neewer リングライトキット」という製品で、1万円ちょっとで買えます。まずはこれを買ってみてほしいですね。

Neewer リングライトキット「アップグレード版-1.8cm超薄型」18インチ。画像はAmazonより。

今すぐ動画を始めたいのであれば、スマホとライトがマストってことですね。

ええ。予算がそんなにかけられないなら、最初に買ってほしいのはやっぱり、リングライトです。

音声にこだわりたいとき、マイクはどうすればいい?

マイクもスマホのもので大丈夫ですか?

最初はやっぱり、iPhoneの内蔵マイクでいいと思います。

なるほど。最初はもう本当にiPhoneで完結させてしまってよいと。
ちなみにトップYouTuberのみなさんだったら、どんなマイクを使ってるんですか?

一応、外付けのマイクを使っている方が多いですね。ただ多くの人は、周囲の評判やAmazonのレビューを見て、できるだけ安くて性能がいいマイクを使っている感じです。

最高級の機材を使っているのかと思っていました。

実はそうでもないんですよね。正直、動画のクオリティの差は、編集力の差のほうが大きいです。そこにお金をかけられるかどうかが、トップYouTuberとそうでない人の違いかもしれませんね。

いま僕が使っているのは、audio-technicaのステレオマイクロホンです。なにより約1万円という値段の安さが魅力です。マイクは電池で給電するタイプだと収録中に電池切れになってしまうことがありますが、こちらはビデオカメラから電源を供給するタイプ(いわゆるプラグインパワー)なので、その心配がありません。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9946CM。画像はAmazonより。

これはよさそうですね。1万円ならなんとかなるかも。
ちなみに、野外ロケのときにマイクを使う場合や、音声に関して気をつけることはありますか?

その場で有線やラジオなどでBGMがかかっていると、動画自体が著作権に引っかかって使えなくなってしまいます。可能ならお願いしてBGMを切ってもらったり、もしくは静かなところに行って撮りましょう。

野外ロケのとき、ピンマイクを使ってみるのはあり?

野外ロケの場合、動いたり走ったりするから、よくテレビで見る、服に装着するピンマイクのほうが便利なんじゃないかって思ってしまうんですけど、トップYouTuberの方々はどうしているのでしょうか?

皆さん、あんまりつけたがらないんですよ。なんでかっていうと「テレビっぽさ」が出て、世界観が崩れちゃうからです。トップYouTuberって、あくまで「素人の創作もの」みたいなノリのなかでのトップでありたいわけですよ。

なるほど、ピンマイクをつけるとテレビっぽく、タレントっぽくなってしまう。第3回でおっしゃっていた「カッコつける」「芸能人ぶってる」感じになってしまうんですね。

そうです。クオリティは高くしたいけれど、「テレビの真似」っぽくなってしまうのは違うんですね。
音声に関しては、大きい声を出したり、あるいはiPhoneをポケットに入れて、「ボイスメモ」アプリで録った音を編集段階で合わせればいい、っていうふうに考えます。YouTubeの現場って、そういう意味では「原始的である」ってことも大事ですね。

「YouTuberの撮影現場は意外と原始的」と語るあざっす先生。

なるほど。そういえば、夜に野外ロケで撮る場合って、照明はどうしてるんですか?

懐中電灯をスタッフ総出で照らしてたりしますね。そこも意外と原始的です(笑)。

手ブレ動画は視聴者を逃しちゃう……その悩みはジンバルで解決!

ほかに買っておくと便利な機材ってあります?

おすすめは、ジンバルという機材です。カメラ担当が動きながら撮影すると、どうしても手ブレしちゃうんですよ。スマホで撮影するとして、だいたみんな鷲掴みで撮るじゃないですか。そうすると画面がけっこうブレてしまって、その手ブレが視聴者にストレスを与えてしまう。手ブレを最小限に抑える機械がジンバルです

手の動きに反応してくれるんですね。

そうです、自撮り棒強化版みたいな感じですね。手ブレが映らないので、素人でも「プロが撮ったのでは?」というくらい、滑らかな映像が撮れるんです。インカメラで歩きながら撮影して、めちゃくちゃ喋ってるなかでも全然ブレないので、Vlog(映像や動画を使ったブログ)でも使われることが多いですね。おすすめはスマートフォン用のジンバル、DJI Osmo Mobile 3 。Amazonで14000円くらいです。ハイテクなわりに値段が安いので、おすすめです。

DJI Osmo Mobile 3。画像はAmazonより。

これはスポーツの撮影などでも使えるんですか?

はい。被写体を自動で追尾してくれる機能もあるから、スポーツやダンスの撮影にも向いていますね。ブレずに被写体を追ってくれます。

手ブレ防止の秘密兵器・ジンバルがあればプロ並みの映像も夢じゃない!

もっと映像にこだわりたい&予算がある人はこのカメラ!

スマホよりもクオリティの高い映像を撮りたい場合には、どうしたらよいでしょうか。

それならソニーのVLOGCAM ZV-1がいいですね。これは現在YouTuberの間で大流行している、Vlogのために作られたカメラです。一眼レフカメラだけどとても軽く、小さく作られてるんですよ。ジンバルと三脚を兼ねた「シューティンググリップ」を使えばすぐ撮影できちゃいます!

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM シューティンググリップキット。画像はAmazonより。

これはいいですね。しかも、背景ボケ切り替え機能なんてあるんですね。

これはハイテクな機能で、後ろをぼかして被写体を強調させるんです。付属マイクもウィンドシールド(風切り音を低減できるパーツ)がついています。僕は実際に使っていますが音も悪いと思ったことがないし、申し分ないです。本当にこれさえあればクオリティの高い映像が撮れます。

今大人気のVLOGCAM。トップYouTuberの商品紹介動画を見たことある人も多いのでは?

でも……一気に価格は跳ね上がりますね。

そうなんです。シューティンググリップキットを買うと10万円くらいですね。

まずはスマホで小さく始めて、だんだん上達してきたら or 予算をかけることができる人は、ぜひこのカメラを! という感じですね(笑)。
ではいつものごとく、動画で今回のまとめをお願いしてもよいでしょうか?

了解です!

機材の話ではないけれど……背景はどうしたら?

ありがとうございました。最後にもうひとつ質問したいのですが、機材の話ではないんですけど、「背景をどうすればいいか」で悩む人も多いと思うんです。
最初は室内で撮影する人が多いと思いますが、家の中ってそんなに映えないですよね。やっぱり、頑張ってカッコいい背景を作ったほうがいいのでしょうか。

それは、まずチャンネルの世界観を明確にしておいて、それに合ったものであればいいと思いますよ。たとえば日常風景をそのまま撮影するVlogだったら掃除もせず、生活感あふれた部屋のままで撮影してもいい。強いて言うなら、住所が特定されたりしないように窓の外を映さないように気をつけるぐらいですね。

なるほど、チャンネルのコンセプトに沿っていれば、たとえ散らかっていてもいいんですね。逆に何もない真っ白な壁はどうでしょう?

最近はそういう殺風景な背景の人はあまりいないかなぁ……。白背景で撮っているの、シバターさんくらいじゃないですか

なるほど、ちょっと「物申す系」の雰囲気が出てしまう……(笑)。

視聴者さんからのプレゼントだったりYouTubeの盾だったりと、何かしら映っていて、それでセットを組んじゃう人のほうが多いですね。

なるほど。ほかには、たとえばグリーンバックにして背景を合成するのはアリですか?

全然いいとは思うんですが、毎回背景をデザインしないといけなかったりと、手間がかかるんですよね。その手間が面倒なので、カメラを置いただけですぐ撮影できるように、セットを組んでしまうほうがラクだとは思います。

やはり、自分のチャンネルで表現したい世界観をちゃんと言葉で明確にして、それに合った背景を考えてセットを組んでしまうのが一番いいんですね。あざっす先生、今回もありがとうございました!

 というわけで今回はあざっす先生に、YouTubeを始める際の機材について伺ってきました。次回はチャンネル運営をする上で絶対に外せないテーマ「数字の見方」について掘り下げていきたいと思います。お楽しみに!

次回もYouTuberの裏側、教えちゃいます!

文・取材・編集=テアトルロード編集部/撮影=荒川潤