【動画あり】「かっこいい自分」のアピールよりも「素を出す」ことのほうが大事!? トップYouTuberたちの事例から学ぼう!(講師:あざっすロナウド先生)

連載コラム

テアトルアカデミーのYouTuber講座講師、あざっすロナウド先生

 総合芸能学院テアトルアカデミーに入学したら、どんな講義が受けられるの?

 そんな疑問にお答えするべく、この「テアトルロード」では、テアトルアカデミー(以下、テアトル)が擁する一流講師陣の方々をお招きし、普段の講義の一端が垣間見えるような、講義連載をやっています。

 テアトルには「ダンス」「演技」「歌唱」など様々な表現にまつわる講座があるわけですが……なんと「YouTuber講座」もあるんです!

 担当しているのは、数々のチャンネルを伸ばしてきた黒幕(?)であり、YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザーのあざっすロナウド先生

 あざっす先生連載の初回では「YouTube、何から始めればいいの?」という素朴な疑問をぶつけ、第2回では「YouTubeで伸びる人の特徴」についてお話を伺いました。

【第1回】「YouTube、楽しそうだから始めてみたい!でも何からやればいいの!?」テアトルでYouTuber講座を担当する「あざっす先生」に、基礎の基礎を聞いてみた

【第2回】YouTubeチャンネル、伸びる人の特徴って何? YouTuber講師あざっす先生にコツを聞いてみました

 そして、第3回となる今回のテーマは「ブランディング」です。

 YouTubeを伸ばすには自分のブランディングが重要……というのは何となく聞いたことはある気がするけれど、そもそも「ブランディング」って一体どういう意味? など、またも基礎の基礎から教えてもらいます!

あざっす ロナウドイメージ写真

あざっす ロナウド

YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザー

チャンネル登録者8000人のチャンネルを、僅か1年で10万人に成長させた独自のYouTubeノウハウを展開。動画編集、企画分析、演者など多彩な才能を発揮する。 2019年よりテアトルアカデミーにてYouTuberコースの講師を担当。

ブランディングとは「スパイス」である!

今回のテーマは「ブランディング」です。ただ、この言葉って、人によってかなり定義が変わってくると思うんです。まず、あざっす先生が「ブランディング」という言葉をどう定義しているのかを伺えればと思うのですが……。

そうですね、もちろん第1回でお話しした「話し方・表情」、第2回での「専門性」というのも広い意味ではブランディングの一部だと思います。ただ、僕のなかではブランディングって「スパイス」みたいなものだと思ってるんですね。

おお、どういうことですか?

YouTubeではもちろん、「企画を立てて動画を出す」ということが一番大事です。ですが、そこに投稿主の背景や人柄、サイドストーリーなど、共感してもらえる要素をスパイスとして加えると、より広い共感を得られるようになっていく。それが「ブランディング」だと思っているんです。

「ブランディングはスパイス」と話すあざっす先生。一体どういうこと……?

たとえば「パーカー/大学生の日常」という人気チャンネルがあります。投稿主のパーカーくんは、「ぼっち大学生」と名乗って、ぼっちでテスト期間を過ごす動画など、リアルな大学生活を送っている姿をバンバン公開しているわけですね。

パーカーくんの動画って、まったくカッコつけてないですね。動画を視聴していると、パーカーくんの大学生活を、親戚のように見守りたくなってしまう。

要するにパーカーくんは「素を出す」ということをやっているわけです。スタバのバイト面接を受けて落ちたり、大学を休学した話も公表したりしていて、自分の失敗談や情けない部分をさらけ出すことで、視聴者に「パーカーくんを応援したい」と共感を作っているわけですね。

そうなると、たとえば今のトップYouTuberなら、ヒカルさんてんちむさんのように、「アンチに負けずに我が道を突き進む」というストーリーを出していくというのも、ブランディングのひとつと言えそうですね。

そう思います。共感できるストーリーがあると、視聴者としてはやっぱり、応援したくなっちゃいますよね。

視聴者は意外な一面にグッと来る!

やっぱり、視聴者はリアルなストーリーを追いかけてドキドキしたいのでしょうか。

そうです。例えば男女ペアやグループユーチューバーって、恋人同士じゃなくても動画に「本当は付き合ってるのかな?」とかってコメントがついているじゃないですか。その関係性にドキドキする視聴者も多いと思うんです。たとえば、男女3人組YouTuberのばんばんざいは、途中から本物の恋愛路線に舵を切って、大きく伸びましたよね。

ばんばんざいのぎしさんとみゆさんは、当初は恋人風動画を撮る「ビジネスカップル」だったのが、ぎしさんがみゆさんに本気の告白をする展開で話題になりましたね。ブランディングを裏切るようなブランディングというか。

レペゼン地球もそうで、DJ社長が借金のどん底から成り上がったという動画は、大きな注目を集めていましたよね。

「九州から上京をしてドームライブをしたい」という目標が、ストーリーとして視聴者に共感を持って受け入れられた、と。
たしかに、あの動画でレペゼン地球の楽しみ方が理解できた気がします。残念ながら今は、レペゼン地球が解散で動画を全消ししちゃったので見られなくなっていますけれど。

それ以前はおバカな動画で炎上ばかりしているイメージがあったけれど、あの動画で意外な一面を見せたことで、視聴者の心を掴んだのだと思います。新しい気付きをくれるというのは、ブランディングの大事な要素ですね。

ばんばんざいにレペゼン地球、人気の秘訣はストーリー性にあり?

マンガやアニメでも、クールなキャラかと思ってたら、意外な一面、例えば弱い部分や優しい部分が出てくると、グッと人気が出ることはよくありますもんね。

そういうことだと思うんです。むしろ本音や弱い部分をさらけ出した方がいいんですよ。
どんなに人気者でも、インスタでキラキラしたパーティーの写真ばかりあげていては、「共感」は生まれない。
「この人も私たちと同じ人間なんだ」「この人のファンになりたい」と見てもらえることが「ブランディング」だと思っています。
つまりは「有名人気取り」をしないことがポイントなんじゃないかと。
たとえばてんちむさんは銀行口座を見せたりとか、「自分も視聴者と同じ人間」というスタンスでやってるのが共感を呼んで、人気が集まっているのだと思うんですね。

「ブランディング」というと、自分を「盛る」というか、大きく見せる、かっこいい部分を強調するような考え方に行きがちだと思うんです。でも、それは逆にブランディングになっていない、と。

本当に有名な人、たとえばテレビの中のタレントさんだったら、それでいいと思うんです。テレビではタレントさんの個人的なストーリーが求められる場面は少ないですし。でもYouTubeは、そうではないですよね。

そういえば、テレビの中ではキラキラしている有名タレントの方でも、YouTubeチャンネルでは生活感のある部屋を公開したり、意外にマニアックな趣味に特化していたり、テレビとは違う「親しみやすさ」を出している人のほうが成功していますね。

一方でトップYouTuberであるHIKAKINさんやはじめしゃちょーみたいな人たちは、万人受けしやすい分、本音やギャップを出しにくいし、制約も多いと思います。そこは超一流のレベルのYouTuberになってくると、別の難しさが出てくるようですけれどね。

「炎上系」を目指すのはやっぱりダメ?

「炎上系YouTuber」のようなスタイルはどうなんでしょう? ひとつの「素」だと思うのですが。たとえば、シバターさんのように、炎上事件をネタにしたりディス(=否定・批判すること)ったりする「物申す系」も人気ですよね。ディスやマイナスな動画って、すごく再生数を出しますし、チャンネルの数字がなかなか伸びなかったら、そっちに行くことも考えちゃいそう……。

何かと話題の「炎上系YouTuber」を目指すのはアリ?

うーん、僕はあまりオススメはしないですね。それは授業でもよく話しています。たしかにシバターさんって自分の姿をさらけ出すという意味では、究極の形といえるかもしれません。でも、ディス系の路線は、短期的な共感は生むかもしれないけど、それでついたファンはすぐに離れていってしまうことのほうが、はるかに多いんですよ。

おお、そうなんですね。

一方で、ポジティブなことがきっかけで好きになってくれた人は、ずっとついてきてくれる傾向があります。そういうファンをつけていく方が、長期的にはプラスになるはず。
それにディス系をやっていると、企業からお金をもらって取り組む「PR案件」がめっぽう来なくなったりします。前回お話ししたように、伸びるYouTuberは「お金が大好き」というところがあります。せっかくYouTubeをやるなら、そういうチャンスは残しておいたほうがいいですよ。

なるほどですね。ただ、ひとつ気になるのが、「本音」で人気になる人と、「ディス」で人気になる人って、少し似ていると思うんです。このふたつの違いって、なんなんでしょう?

うーん、なんだろうな……たとえば、僕はとある奔放なタイプのトップYouTuberの方のお仕事をお手伝いしたりしますが、YouTube上では奔放な面を見せていても、撮影の際には「この言葉は使っていいですか?」「ここは撮影しても大丈夫だと思います?」と、すごく細かいところまで気を遣っていたりするんですよ。

一見何も気にしてないように見せつつ、実は裏側では人一倍、気を遣っていたりする……と。YouTubeに上がっている動画だけでは見えてこない側面があるんですね。

結局、変に自分を大きく見せたり攻撃的になったりせずに、自分の生活や考え方の「素を出す」ということが、長期的には重要になっていきます。焦らずにそういった目線をまずは持っておくことが大事だと思います。

なるほどですね、ありがとうございます。では、そろそろいつものごとく、YouTuber感を全開にして今日のお話をまとめていただければと思います! あざっす先生、よろしくお願いします!

了解です!

 というわけで今回はYouTuber講師のあざっす先生に、「自分をアピールする」際に気をつけたいポイントについて伺いました! 今の時代は自分を盛ったりかっこよく見せることよりも、「素を出す」ということがむしろブランディングには重要なんですね。

 そして次回はさらに具体的に、「YouTubeを始める際にどんな機材を用意すればいいのか?」というテーマについてお話しいただきます。思ったよりも安い機材で、クオリティの高い動画を撮ることができるみたいです。またしても基礎の基礎から教えてもらいますので、よかったらまた見に来てみてください!

文・取材・編集=テアトルロード編集部/撮影=荒川潤