【新連載】「YouTube、楽しそうだから始めてみたい!でも何からやればいいの!?」テアトルでYouTuber講座を担当する「あざっす先生」に、基礎の基礎を聞いてみた【動画あり】

連載コラム

 総合芸能学院テアトルアカデミーに入学したら、どんな講義が受けられるの?

 ……読者の皆様には、そんな疑問をお持ちの方々も多いのではないでしょうか。

 この「テアトルロード」では、テアトルアカデミー(以下、テアトル)が擁する第一線で活躍する講師陣の方々に、「ダンス」「演技」「歌」など、「表現力」にまつわるノウハウをお話しいただく連載をやってみています。

 そんななか、今回新しく始まる連載のテーマはなんと「YouTube」!

 ご存知のとおり、最近は表現の場としてYouTubeが注目されています。でも、まだまだ新しい分野のため、「楽しそうだしやってみたいけど、そもそも何をどうやって始めればいいんだろう?」と、立ち止まっている人も少なくないはず。

 でも実は、「表現」に関するさまざまな講座をやっているテアトルには「YouTube」の講座もあるんです! そこでテアトルでYouTuber講座の講師を担当している「あざっすロナウド先生」に、何から始めればいいかわからないYouTube初心者向けの連載を始めてもらうことにしました。

 「好きなことで生きていく、その前にやるべきことがある」と語るあざっす先生。果たしてどんな話が飛び出すのでしょうか?

あざっす ロナウドイメージ写真

あざっす ロナウド

YouTubeマーケター/YouTubeアドバイザー

チャンネル登録者8000人のチャンネルを、僅か1年で10万人に成長させた独自のYouTubeノウハウを展開。動画編集、企画分析、演者など多彩な才能を発揮する。 2019年よりテアトルアカデミーにてYouTuberコースの講師を担当。

YouTuber講師「あざっす」とはいったい何者なのか!?

あざっす先生は人気YouTuberやインフルエンサーのチャンネル、カップルチャンネルなど、様々なYouTubeチャンネルのお手伝いをされているそうですね。

誰もが知るような人気YouTuberの撮影にも関わっているあざっす先生。

そうですね、企画を提案したりアドバイスをしたり、撮影の立ち会いもします。

なるほど。どんなチャンネルに関わっているんでしょうか……?

申し訳ないのですがさまざまな大人の事情もあり、具体的なチャンネル名を挙げることはできないんです、ごめんなさい(笑)。ただ、成功事例で言うと、登録者8000人だったチャンネルを、1年で10倍以上、10万人に成長させたこともあります。他にも、みなさんがよくご存知のチャンネルにも関わっていたりしますよ。

それはすごいですね! 大人の事情ということなので、どのチャンネルかはこれ以上追求しないようにします(笑)。企画から撮影まで関わっているとなると、講義の内容も充実していそうですね。普段はどんなことを教えているんですか?

生徒さんがYouTubeでやりたいことってバラバラなんですが、料理でも商品紹介でも、どんなジャンルでも共通する「おもしろい動画」には共通する本質があるので、講義ではそういったことを話しています。

あざっす先生の講義では、生徒さんたちにどれぐらいの目標を掲げてもらっているんですか?

受講生のみなさんに目標を聞くと「登録者数300人」とか、ちょっと控えめなんですよ。でも、YouTubeで広告を貼れるようになる「収益化」の条件の一つが「チャンネル登録者1000人」なので、そこを最低ラインにして、それ以上を目指してほしいと思っています。みんながそれに向かって動画を投稿して、達成してくれたら一番うれしいですね。

「好きなことで、生きていく」、その前に

YouTubeってテレビとは違ってチャンネルを作って動画投稿をした時点で誰でも「YouTuber」にはなれるじゃないですか。でも、実はその後が難しいんじゃないかと思うんです。テレビタレント以上にライバルは多いし、続けるモチベーションを保つのも大変そうです。

以前、YouTubeの広告のキャッチコピーで「好きなことで、生きていく」というのがありましたよね。人気YouTuberはそれでもいいんですけど、YouTube初心者は「好きなこと」の前にやっておかなきゃいけない、気づいてほしいことがあるんです。

おお、それはなんでしょうか?

それは……「カメラの前に立つ人」の意識です。

「カメラの前に立つ人」……とは……!?

カメラの前に立つ、そしてYouTubeチャンネルを運営する、という意識ですね。そこを意識しなくても、「面白い動画」にはなるんですが、ただ「面白い」のジャンルが、友達のLINEとかに送るような、「身内を笑かす動画」みたいになっちゃうんですよ。

自分たち「だけ」が面白い動画では本気で続けていくのは難しい、と語るあざっす先生。

家族や友達だけが観るホームビデオのような「自分たちだけだが面白い動画」になってしまう、ということですよね。偶然面白いものは撮れるかもしれないけど、それはずっと続けられるものではない、と。

そう、YouTubeを本気でやっていくなら、「身内に向ける」という意識は、ちょっと変えないといけないんです。

自分自身を「カメラの前に立つ人」として意識している人は、どんなことに気をつけているのでしょうか?

例えば、先日とある人気女性YouTuberの撮影に帯同したんですけど、普通の人は見過ごしてしまうような些細なことでも「こうしたら面白いですか?」「ここでこう言ったら失礼ですか?」「これはこうしても大丈夫でしょうか?」と、細部までを徹底的に気にして、フィードバックを求めてきます。

どのくらい動画に使えるものを撮影できるかという「撮れ高」は、みんなが気にしてるとは思うんですけど、ここまで細部に気をつけている人は少ないと思いますそこが、伸びる人とそうでない人の大きな違いですね

まずは「生放送」から始めてほしい

人気YouTuberはそこまで考えて撮影しているんですね。そこまでの高みを目指したいけれど、いきなりは難しいかもしれません。初心者がまず取り組めることって何かないでしょうか?

これも当たり前に思われるかもしれませんが、「喋り方」と「表情」は大きいですね。

「カメラの前に立つ人」として、そこは大事なポイントかもしれないですね。HIKAKINさんのような人気のYouTuberって、子供でも真似できる挨拶だったり表情豊かなトークだったりと、すぐに「その人」だとわかる特徴がありますね。

普通の人ってカメラの前では緊張するものなんです、だから友達と喋っているかのような話し方にはならないんですよ。カメラマンと一対一だったとしても難しい。HIKAKINさんのようにナチュラルに自分の口調で話せるようになるのが理想というか、最高地点です

喋り方や表情のバリエーションはカメラの前に立つ上で大事なこと。

でもいきなりHIKAKINさんみたいにはなれないですよね……。何かいい方法、ないですか?

HIKAKINさんも初期の動画を見てみると、表情も喋り方も今とは全然違うんですよ。だからやっぱり場数を踏むことが大事です。

生徒さんによく言うのは、「まずは生放送から始めてほしい」ということですね。動画は編集で修正ができますけど、生放送はそれができないじゃないですか。その緊張感によって「演者の意識」が培われると思うんです。カメラの前で自然に話すことに慣れるためには生放送が一番だと思います。

なるほど。

他にも、配信しなくていいので、料理を作るときもご飯を食べるときも、常にカメラを回してほしいですね。生活の一部に常にカメラがあることで、撮影に慣れていくんです

「演者の意識」を培うためには、まずはカメラに慣れることから!

そして「表情のつけ方」については、実際に僕がやってみるのがいいかもしれないですね。

はい! では、動画を回させていただきますね!!

ありがとうございます。元気よく、かつ表情もバリエーション豊かで、伝わってくるものがたしかにあるように思いました。練習や、場数を踏むというのは本当に大切そうです。

ではでは、カメラの前に立つ心構えができたら、次回は、「動画の企画」について伺いたいと思います。

 というわけで、これからYouTube講師のあざっす先生に、「YouTubeがうまくなるコツ」を、さまざまな角度から聞いていこうと思います。

 まだまだノウハウが確立されていないYouTubeですが、これから様々な「目からウロコ」のお話が飛び出していきますので、お楽しみに!

文・取材・編集=テアトルロード編集部/撮影=荒川潤